“自分流こんなものいらないもの事典” まずテレビ、その繋がりで・・・

No.371 “自分流こんなものいらないもの事典” まずテレビ、その繋がりで・・・

 書棚を整理していたら、朝日ジャーナル編集“こんなものいらない事典”という本が出てきた。1987年の出版である。いらないものの筆頭は“お嬢様”で“運勢判断”、“女子大”、バレンタインデー“、”妻そして夫“と続き、ゴルフ場、芸能人、成人の日、カラオケ酒場、夫人同伴外交など全部で39項目が槍玉に挙がっている。今でももっともだと思えるものがあるから、世の中たいして進歩してはいないらしい。

 さて、自分流に“今様いらないもの事典”を作ろうものなら、筆頭はテレビかもしれない。

 アナログからデジタルになるというので、これをいい機会とばかり、我が家からテレビの追放を考えていたら、お節介な娘夫婦が新モデルをもってきた。これ以上時代遅れにならないで、との寓意があるらしかったが、見る番組がないことには変りがない。その上にデジタルテレビは、本当にいつも快晴だ。くっきりとして脳天気な画像をみせてくれる。不自然で息が詰まりそうだ。技術的には画像から紫外線や水蒸気やあれこれのノイズをとったのだと分かったが、気持ちが悪いのはとれない。

 テレビも1台ぐらいは映らないと、災害時には困るらしい。が、自宅の災害時は電気が止まったり、アンテナがひっくり返ったり、いや我が家なら家自体がフラットになったりで、テレビが役に立つことはないと気づいた。見る方もどうなっているか分からない。

 それにしても、なぜ芸能人の覚醒剤の話が毎日毎日トップなのか?世界を見れば毎日爆撃を受けている国もあれば、飢えに苦しんでいる国もある。そんな国々のことが伝えられることはない。アフガンの復興支援に行った伊藤さんが、現地の大バカ太郎に殺されて丸1年。その現地は今どうなっているかの報道もない。イラクやソマリア周辺の海で動いている自衛隊は実際には何をしているものやら。国内では毎日100人ほどの人が自ら命を絶っている。理由は様々かもしれないが、もし国が、国民が生活に困窮している人々に温かければ、いろんな障害で苦しむ人々への偏見を除いて手をさしのべるなら、その数を半分にも3分の1にも減らせよう。荒天で海に出て遭難する漁師たち、大水や地震で苦しむ被災者、そういう報道より芸能人の薬物汚染がなぜ優先なのか。出てきた‘いらないもの事典’に芸能人の項があったほどだ。

 国際問題だって、政治だって、経済だって報道しなければならないことがらは山とあるように見えるが、それらは横に置いて、連日芸能人のドラッグの話ばかりなのだ。あんな腐敗物の報道価値がどこにあるのか分からない。ドラッグ撲滅キャンペーンなら、別に時間をとってやればいい。

 コメンテーターなる一握りの人々がいて、なぜか彼らがテレビ局を渡り歩いているらしい。だからどのチャンネルも同じ。テレビもいらなければ放送局もいらない。

 この文章を書きかけて寝せている内に、政権が変わることになった。テレビに出てくる政治家の多くは名も知らない人々になった。だが、何だかえらく新鮮になった。背筋がしゃんとしてきた。だが、キャスターのステレオタイプの質問やコメントがどうにも辛抱できない。

 本当にテレビはこれまで何を見せてくれていたのだろうと改めて思う。

 それにしてもテレビのデジタル化、国民に多大な負担を強いて地上波を取り上げて、空いた電波を大企業へ無償譲渡するのがねらいだったようだ。政官財ががっちり組んだ、国民からの追いはぎにも等しいことだったらしい。せめて、新政権はデジタル化であいた地上波の電波帯域を入札で売却して欲しい。

 こういう悪事を企んだ自民党政権は下野した。残る官財もいらないと言いたいところだ。(09-9-7)




注目の事象、流行現象の核心が読める現代用語事典の決定版。ロゴヴィスタ 現代用語の基礎知識 1991-2009 19年分
ムラウチ
★ ロゴヴィスタ 現代用語の基礎知識 1991ー 現代用語の基礎知識 1991-2009 19年分

楽天市場 by ウェブリブログ

日本・ブラジル交流人名事典
楽天ブックス
著者:パウリスタ新聞社出版社:五月書房サイズ:事・辞典ページ数:384p発行年月:1996年02月こ

楽天市場 by ウェブリブログ

英国流メディカルハーブ
説話社
リエコ 大島 バークレー

ユーザレビュー:
筆者の経験と知識、そ ...
メディカルハーブの現 ...
ハーブを愛する人に全 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック