テーマ:原発事故

「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」 原発事故は過ちではないのか

No.503 「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」 原発事故は過ちではないのか  ひっそりと報道された記事。 米国のリネハン駐大阪・神戸総領事が11/3に広島の原爆ドームを訪れ、献花した。その際市長から碑文を読み上げるように要請されたが、それはせず碑に向って頭を垂れたという。  その碑に書かれている文言は「安ら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

“原発事故は怠惰な国民のせい” よく言った。どこまで国民を愚弄する気か

No.501 “原発事故は怠惰な国民のせい” よく言った。どこまで国民を愚弄する気か  10/5の衆院震災復興特別委員会で、自民党の額賀福志郎議員は原発の事故に関して「都合の悪いことは聞きたくない、危険なことは見たくない、できるなら楽をしたいという戦後(日本)の社会的な生活感覚、怠惰な生きざまが遠因になった」と述べたと赤旗が報じて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

原発大事故  結局は全国民が汚染物質を少しずつ引き受けるしかないのだ

No.493 原発大事故  結局は全国民が汚染物質を少しずつ引き受けるしかないのだ  東日本大震災のガレキの処分ができないで、被災地が困っている。関東の自治体は高い濃度の放射性物質が発見された下水道の汚泥の処分に頭を抱えている。放射性物質に汚染された地区は、除染をしても汚染土の持って行き場がなく、仮にとして現地で穴を掘って埋めてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大石又七 “ビキニ事件の真実”を読む  同じことが繰り返されているのではないか

No.476 大石又七 “ビキニ事件の真実”を読む  同じことが繰り返されているのではないか  日本の核被災は広島、長崎を含めて今回の福島で5件目。広島・長崎は戦時とはいえ、米国の原爆投下による民間人の大量殺戮事件である。3件目は1954年マグロ漁船第5福竜丸が操業中、アメリカがビキニ環礁で行った水爆実験に巻き込まれて死の灰を浴び…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

原発と環境カウンセラー  我らの原点をもう一度見よう

No.468 原発と環境カウンセラー  我らの原点をもう一度見よう  環境カウンセラーが原発問題をどうとられているか、大阪の環境ミニコミ紙“環境社会新聞”が彼らのいろんな意見を紹介している。  環境カウンセラーと一口に言うが、その中は大きく二つのグループに分かれている。一つは企業などの環境システムの認証を行うグループ、もう一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無責任体制の果てに起きた原発事故 汚染水処理装置トラブルも同じ構造の上にある

No.467無責任体制の果てに起きた原発事故 汚染水処理装置トラブルも同じ構造の上にある  福島の原発の終息の見通しはつかない。何か一つ手を打つとまた新しい不都合が大きく出て、負の連鎖が連綿と続く。しかもはっきりしているのは、事故を何とか早く収めようとする現場の人々の被曝と放射性物質の拡散が進むということだけだ。  原発の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

批判者を敵と決めつけ、絶対にその意見を容れるなと排除して失敗した原発

No.466 批判者を敵と決めつけ、絶対にその意見を容れるなと排除して失敗した原発  福島原発の大事故、その遠因は原発村という閉鎖的なグループでことを勧めてきたことにあると言われる。原発村とは東大原子力工学部をコアにした産官学共同体のことだ。東電の原発技術者も経産省外局の資源エネルギー庁の技官も、内閣府の原子力安全委員長もすべて東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄、原発、共通項はアメリカ  “トモダチ”なるほどカタカナだ

No.463 沖縄、原発、共通項はアメリカ  “トモダチ”なるほどカタカナだ  福島の原発事故、アメリカの関心は並なものではない。日本政府より彼らの方がはるかに敏感だったし危機感もすごかった。アメリカは日本政府がモタモタしていると見るや、すぐに相当数の“専門家”を送り込んできた。  核についてはアメリカは豊富な経験とデータを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発事故 関係者の沈黙 =誰のために?

No.460 福島原発事故 関係者の沈黙 =誰のために?  あってはならない原発事故がおこり、終息の見通しがたたない。政府・東電は“工程表”なるものを発表しているが、それは甘い、との見方がほとんどだ。  この原発の事故で、メディアは事故からほぼ一月、原発の専門家として東大ほかの学者を次から次に登場させ、解説だとか見通しを語ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.460 関係者の沈黙 =誰のために?  あってはならない原発事故がおこり、終息の見通しがたたない。政府・東電は“工程表”なるものを発表しているが、それは甘い、との見方がほとんどだ。  この原発の事故で、メディアは事故からほぼ一月、原発の専門家として東大ほかの学者を次から次に登場させ、解説だとか見通しを語らせた。その学者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more