テーマ:環境教育

猫と犬の違い 生きた教育とは

No.681 猫と犬の違い 生きた教育とは  東京のマンション暮らしの8才と5才の孫に、猫と犬の違いは何だと聞いてみた。家では猫も犬も飼っていない。5,6分あれこれ言っていたが、まともな答えは鳴き声の違いくらいだった。今度は準農村地帯に済む近所の小学6年生と5年生の兄弟。こちらもとんちんかんな答えの連発。少なくとも爺の時代は犬猫を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境カウンセラーの環境教育、そんな看板は下ろせ  子ども達に自然のすばらしさを教えよ

No.560 環境カウンセラーの環境教育、そんな看板は下ろせ   子ども達に自然のすばらしさを教えよ さもなくば理科実験を引き受けよ  児童生徒対象の環境教育は学校に任せていいのではないか、仮に外部の環境カウンセラーが何かするとすれば、彼らをどう自然になじませるかだろう、とこれまでも書いてきた。  児童生徒のいじめが問題に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

環境教育とはみずみずしい感性を育てることではないのか

No.513 環境教育とはみずみずしい感性を育てることではないのか  NHKの解説委員の室山哲也氏のあるシンポジウムでの基調講演(注)が非常に印象に残った。室山氏はNHKで長く科学番組のプロデューサーを務めてこられた知る人ぞ知る人。講演では温暖化報道の問題点や政府の取り組みへの注文などを半ば赤裸々に述べた。その中で教育について語っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

幻想の環境教育  基礎学力の充実が優先する

No.475 幻想の環境教育  基礎学力の充実が優先する  日々いろんなことが生起していろんなコメンテーターなる人が意見を言ったり書いたりしているが、その中で最も安直な結び方に“教育が重要”があるように思える。このフレーズはどんなところでも落ちになる。それ故に内容がない。  手元にある宮本純行之著“反論 化学物質は本当に怖い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ある環境イベントでの理科実験 NPOの環境教育とは

No.472 ある環境イベントでの理科実験 NPOの環境教育とは  ある市主催の環境イベントで筆者が所属する環境NPOがこども向けに理科実験をすることになった。内容は発電の仕組みがテーマで、太陽光発電、手回し発電、うちわを使った風力発電を較べるというもの。  三つの方式の小さな機材がテーブルに並べられて、こども達が半ば自由に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

環境問題に本当にまじめな日本人、それに対する環境省・環境屋

No.462 環境問題に本当にまじめな日本人、それに対する環境省・環境屋   我々日本人の家庭での環境問題への熱心さには驚く。大変な民族だなと思う。リサイクル社会の到来と言われ、自治体が回収体制を整えた飲料容器では、アルミ缶は今や安定的に90%を超えるリサイクル率だし、スチール缶もそれに近い。回収体制が遅れたペットボトルもほぼ80…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「思いこみ」又は「作られた印象」で動かされることの怖さ

No.452 「思いこみ」又は「作られた印象」で動かされることの怖さ “内閣府の世論調査で、未成年による犯罪や不良行為などの「少年非行」が5年前に比べ増えたかを聞いたところ、「かなり増えた」「ある程度増えている」と答えた人がそれぞれ37.8%で計75.6%に達した。  中略  警察庁のまとめでも昨年の刑法犯少年の検挙数は7年連続で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境教育をコアにした普通高校  大妻嵐山中学校・高等学校

No.302 環境教育をコアにした普通高校  大妻嵐山中学校・高等学校   進学を看板にした私立高校の行きすぎについてはこのブログでも繰り返し書いてきた。コースやクラスの名に“東大***”が少なくない。関西なら“京大***”というところか。“α”とか“特進””“セレクト”という名も多い。桜、梅・・・では旅館と変わらなくなるし、松竹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴木文部科学大臣“環境”教科新設ご提案  賛成できない

No.291 鈴木文部科学大臣“環境”教科新設ご提案  賛成できない    福田改造内閣で文部科学大臣になった鈴木恒夫氏は就任会見で、小中高に新たな教科として‘環境’を作れないかと提案した。この文科大臣のご提案を、環境カウンセラー兼塾講師という立場で聞くと、ウーンということになる。が、結論は、待って頂きたい。  高校生からは、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

“彼は環境あっての生活、私たちは生活あっての環境” 反発をうけた講演

No.125 “彼は環境あっての生活、私たちは生活あっての環境” 反発をうけた講演  環境の専門家が市民の環境グループの集まりで講演をして、自分がいかにエコ生活をしているか述べた。そしてあるグループの活動の“誤り”を指摘した。専門家はアドバイスしたつもりだったろう。だが、受け取った側は、後で“彼は環境あっての生活、私たちは生活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どろんこ遊び禁止の保育園   環境教育の原点は土、そして農業

No.120 どろんこ遊び禁止の保育園   環境教育の原点は土、そして農業  “先生、あの保育園はどろんこ遊び禁止だよ、建替えて建物が汚れるからと禁止になったの。バカみたい。何して遊べって言うのよ。そんなことだから変な子ができるんだよ”。中学校の生徒は歯に衣着せない。  絶句した。そう、バカみたい。だが、こちらが言いたい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more