テーマ:原発

原発は議論できないシロモノ 最後は廃止に行き着く

No.628 原発は議論できないシロモノ 最後は廃止に行き着く  電力会社にしても、経産省にしても、原子力工学者にしても、原発の議論はとことん避けてきた。とにかくまともな議論は、これまで40年間何もなかった。地震や津波による大事故の恐れの指摘も何回となくあったが、電力や経産省、学者、まとめて原子力ムラがガンとはね付けてきた。まとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発のテロ対策強化は妄想の産物ではないか

No.596 原発のテロ対策強化は妄想の産物ではないか  原発のテロ対策がしきりに言われている。テロの定義がないのからどうもよく分らないのだが、話を聞いていると、どこからかのミサイルなどで施設が破壊されることと暴徒のような集団が原発を襲い、原発を破壊するか核物質を持ち出すことの両方が想像されているようである。  前者は自衛隊…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オスプレイと原発 政府はどちらを見ているのか

No.540 オスプレイと原発 政府はどちらを見ているのか  アメリカが沖縄へ配備予定の新鋭輸送機オスプレイがまた事故を起こし、沖縄は今でも大変なのに、そんな危険なものはとんでもないとかんかんだ。日本政府はアメリカの言うことを鵜呑みにして、機体に欠陥はないとあくまでも沖縄への配置の姿勢である。 機体に欠陥がないな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発、バス大事故に共通するもの 軽視された安全、健康、命

No.531 原発、バス大事故に共通するもの 軽視された安全、健康、命  ゴールデンウィーク入りと同時に飛び込んできた大型観光バスの大事故。バスの事故は写真を見て状況の理解に苦しんだ。防音壁がバスを縦に切り裂くなど、考えもつかないことだった。  しかし、この事故の背後にあるのは規制緩和、起きるべくして起きた事故という指摘が続…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

原発14基以上新増設?まともとは思えない話

No.413 原発14基以上新増設?まともとは思えない話   政府は見直し中のエネルギー長期計画に2030年までに原発を14基以上新規または増設で造ることを盛り込む方針だと伝えられている。え、正気?  新たに原発の立地を求めることは非常に難しい。手っ取り早く建設を進めるためには現在の発電所構内(=サイト)の空きスペースを埋め…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

続く想定を超えた大災害  日本の原発、甘い審査は許されない

No.266 続く想定を超えた大災害  日本の原発、甘い審査は許されない  偶然なのか、このところ息を呑むような大災害が連続している。04年暮れのスマトラ沖大津波は死者・行方不明30万人とも言われた。08年になってから、ミャンマーのサイクロン被害は死者行方不明10万を超えると推定されている。それに続くように起きた中国四川省の大地震…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あぶり出される原発の矛盾

No.192 あぶり出される原発の矛盾                      (07-8-17)  中越沖地震が柏崎刈羽の原発に与えた衝撃は、時間が経つにつれて大きくなっているように見える。  今や、短期に復旧ということは誰も口にしなくなった。この7基が止まった中での記録的な猛暑でも電力の不足は起きなかったし、冷静な判断…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

原発のトラブル隠しはなくならないだろう  動かし続けられる老朽原発

No.103原発のトラブル隠しはなくならないだろう  動かし続けられる老朽原発  原発のトラブル隠しが止まらない。役所の検査時に緊急ポンプが故障していたのを隠し通したのなんて信じがたい。役所もぐるだったのでは、と思ったら、検査官の無知?につけこんだ狡猾なやり方だったとのことである。“柏崎刈羽1号機の偽装工作は1992年5月。緊急炉…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more