テーマ:柏崎刈羽原発

東電は柏崎刈羽原発の被害実態と修理記録を公開せよ 

No.491東電は柏崎刈羽原発の被害実態と修理記録を公開せよ   電の柏崎刈羽原発には7基の原発が並んでいる。この原発は07年のM6.8の中越沖地震でひどいダメージを受けた。地震の規模がもう少し大きかったら、今回の福島の事故同様なことになっていたと、当時から指摘されていた。  中でも3号機、4号機は被害がひどく、地震直後はこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書籍にならないルポ  新潟日報“揺らぐ安全神話 柏崎刈羽原発” 下

No.322 書籍にならないルポ  新潟日報“揺らぐ安全神話 柏崎刈羽原発” 下  新潟日報のルポが証しているのは、原発は国エネルギー政策そのものであり、そこで電力会社と国は一体化していること。立地先にありで、立地が決まっての安全審査で、しかも審査の提出書類は国が満足するまで何度も書き換えられていること、機器の設計・製造ではメーカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.321書籍にならないルポ  新潟日報“揺らぐ安全神話 柏崎刈羽原発” 上

No.321書籍にならないルポ  新潟日報“揺らぐ安全神話 柏崎刈羽原発” 上  いささか旧聞に属するが、今年の新聞協会賞に新潟日報の“揺らぐ安全神話 柏崎刈羽原発”が選ばれた。  このルポ、07年7月に発生した中越沖地震のほぼ1ヶ月後から1年間にわたって同原発の問題を、震災直後の発電所内の混乱とそれに対応する所員の懸命の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏崎・刈羽原発震災  科学は政治経済の僕か

No.224 柏崎・刈羽原発震災  科学は政治経済の僕か  東京電力柏崎・刈羽原発の地震被災状況は調査が進むにつれ、ダメージの大きさが明らかになってきている。またこれまで秘匿されていたような情報も表に出てきたようだ。  燃料プールのどこかに亀裂があること、タービンの羽根が揺れで接触していたこと、制御棒がすぐには引き抜けないよ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

柏崎刈羽原発 機器精密調査のトリックに陥るな 疑わしければ閉鎖するのが道

No.181柏崎刈羽原発 機器精密調査のトリックに陥るな 疑わしければ閉鎖するのが道     中越沖地震で柏崎刈羽原発にかかった揺れの具体的数値が東京電力から発表されたが、原子炉建屋基盤上のデータを見ると、1,2号機の東西の荷重が680、606ガルと飛び抜けて大きい。3号機から7号機までの同荷重は322から492ガルの間にある。だが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

原発にメリットはない、マインドコントロールから抜け出せ

No.176 原発にメリットはない、マインドコントロールから抜け出せ     (07-7-25)  東電柏崎刈羽原発は国ぐるみの耐震偽装、改造工事などで安全性を確保できるものではないから即刻廃止せよ、とこのブログで2回にわたって主張した。  国は、当然、一段落したら運転再開の方向で、既に世論誘導を始めた。メディアの関心もその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国ぐるみの耐震偽装が明るみに出て  原発から退却するとき

No.174 国ぐるみの耐震偽装が明るみに出て  原発から退却するとき  新潟県中越沖地震で東京電力の原発に対する対応に批判が集中している。だが、その多くは正鵠をついたものではないように見える。本質的な議論が後退している。  この理由は、原発プラントあるいはシステムへの理解不足から来るものと、意図的なものがあるように見える。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発はただちに諦めよ 30年間の無事は幸運だった

No.173 原発はただちに諦めよ 30年間の無事は幸運だった  新潟県中越沖地震はマグニチュード6.8,揺れの加速度680(東電原発施設内地下5階での計測値、同電力の発表)。原発のほぼ真下で起き、原発設計の耐震強度M6.5、揺れの最大想定加速度273ガル、を大きく超えてしまった。現在機器のダメージについては不明であるが、設計の安…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more