テーマ:貧困

環境問題と貧困は悪循環の関係  富をどう公平にわけるか

No.447 環境問題と貧困は悪循環の関係  富をどう公平にわけるか  あけましておめでとうございます。  昨年はこのブログも休みがちになりました。今年も不定期になりますが、続けていきたいと思っています。  昨年を振り返ると、国際社会も我が国も、既成の価値や既存の秩序の維持が限界に来ていることがあらわになり、新旧のせめぎ合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧しくなってはダメ  貧しさの勧めもダメ

No.328 貧しくなってはダメ  貧しさの勧めもダメ  会社に勤めていた時から、すごく腑に落ちないことがある。それは、どうもみんなが一緒にリッチになろう、と言うのではなく、みんなで貧しくなろう、という競争やキャンペーンを繰り返しているように見えるからだ。  会社では、部長とか課長になると、自分とほとんど立場が変わらない仲間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作り笑いで送った08年と“常識”を考え直す09年

No.327作り笑いで送った08年と“常識”を考え直す09年  08年も紅白歌合戦で暮れた。その前半だけを家の掃除をしながら見たが、そこの賑わいは何か作り笑いのように浮いて見えた。  まさにこの時間、突然職を奪われ、その瞬間から食住ともに困窮して、寒空の下でさまよっている多くの人々がいることを思う。日比谷公園ではそういう人々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

08年の環境問題をふり返る  経済危機と貧困の拡大は環境の危機

No.325 08年の環境問題をふり返る  経済危機と貧困の拡大は環境の危機  昨年はこの春の洞爺湖サミットに向けてということで、温暖化にどう向かい合うのかの様々な提案などで国内がわいていた。その洞爺湖サミットが合意も成果も残さずに終了すると、温暖化の話も環境の話も急に冷え込んでしまった。アメリカの新政権ができないと、何も進まな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境なんて言っておれない現実  環境教育とは何の言いか

No.278 環境なんて言っておれない現実  環境教育とは何の言いか  少々恥ずかしい私事をお許しいただきたい。嫁いだ娘が出産で家に戻ってきたが、環境的なマナーの悪さに驚いた。何しろ、ゴミはきちんと分別しない、電気は使い放題、洗濯機はいつも回っている・・・・。 その筋の先生方からは、お前の“環境”教育がなっていない、とお叱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高知県東洋町 核廃棄物最終処分場引き受け? 貧困と環境問題

No.121高知県東洋町  核廃棄物最終処分場引き受け?  貧困と環境問題は裏腹の関係と、このブログでも再三指摘してきた。高知県の東洋町は財政破綻の危機を避けるため、核廃棄物処分場引き受けを名乗り出た。ただこの件は町長の独断で進められたため、地元の反発も大きく、町長はリコールを制する辞任の挙にで、再選を目指している。  そも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

環境問題はもともと人類の生死の問題

No.75 環境問題はもともと人類の生死の問題    このままでは人類は生きていけなくなる、そんな危機感が環境問題に火をつけた。だから環境問題は、もともと人類の生死の問題である。そこはついつい忘れられがちである、というよりも余り大きすぎて、捕らえにくい。半面、個別のゴミ問題とか大気汚染などは、それなりに取り組むことができる。汗を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more