テーマ:リサイクル

電動工具のリサイクル

No.426 電動工具のリサイクル  縁日の古道具店に大工道具がでることが少なからずある。使い込んだ鉋など珍しくない。意外と鋸は少ないようだ。いや回転がいいのかもしれない。  電動工具のリサイクルもネット上でもある。中古の工具を現物を確かめることもなくネットで買うことができるか?半信半疑で外観が良さそうな電動丸鋸を頼んで見た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リサイクル城 建物のリサイクルを考える

No.314 リサイクル城 建物のリサイクルを考える  久しぶりで彦根城の天守閣や公開中の城門に上り、いろんな展示品などをつぶさに見ていたら、“この城はリサイクル城です”とあった。  石垣の石から天守閣、城門に至るまですべての建築材料は他の城や寺などから運んできたというのだ。石垣の石は近くの佐和山城のものをそっくり使った。天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空き缶、空き瓶は洗って出すのがマナー

No.259 空き缶、空き瓶は洗って出すのがマナー  資源ゴミに出す空き缶、空き瓶などは軽く洗って出す、我が家ではこれを口うるさく言っている。  妻がある会合で、空き缶、空き瓶を洗って出すか、洗わないで出すかで議論した結果、洗わないことにしたという。水道水を節約すべし、というのがその理由とか。環境負荷を減らす視点だけからは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

木造建築のミンチ解体と木材のリサイクル

No.112 木造建築のミンチ解体と木材のリサイクル  建物の解体は今ではほとんどが、重機を使ってやるミンチ解体になっている。ミンチ解体とは残酷な言葉であって使用に耐えないので、ここでは重機解体ということにしよう。  この解体方法については、解体後の材料が再利用できなくなるということで、批判的な意見も少なくない。だが、歴史を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ホームレス氏とアルミ缶

No48.ホームレス氏とアルミ缶  アルミ缶を集めてその日暮らしをしているホームレス氏(HLP)は少なくない。彼らの活動は、健全なリサイクル社会の建設には大きな障害になるので、好ましくない。その実例をいくつか紹介する。しかし、現在HLPを援護する社会のネットワークは全くひ弱である。そんななかで、HLPの活動を規制しても、彼らをより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴミステーションの有価物、ホームレスの人々

No.47 ゴミステーションの有価物、ホームレスの人々  市町村と業者やホームレスの人々が、ゴミステーションに出された有価物を巡って、取り合いをしている。市町村は、条例を作り、権力を盾に所有権を主張している。だが、有価物を市町村が高い収集費を掛けて集め、現金化してもゴミ処理コスト全体から見れば、焼け石に水。そもそも市町村はゴミの減…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲料容器のデポジット制度  日本では導入の意味もなければ実現の基盤もない

No.46 飲料容器のデポジット制度  日本では導入の意味もなければ実現の基盤もない    ドイツはリターナブル容器の比率が72%を割ったのというので、2003。年からビールや炭酸飲料、ミネラルウォーター等のワンウェイ容器の回収をデポジットを制度にした。そのことで、缶ビール等が店頭から姿を消したという。  我が国では、ドイ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東南アジアで進められる廃電子機器の処理 大国の責任は何か

No.44 東南アジアで進められる廃電子機器の処理 大国の責任は何か  日本から廃パソコン、廃電子機器、廃バッテリーなどが中古品の名目で大量に中国や東南アジアに送られ、現地で有価物の回収が進められている。しかし、様々な報道では、作業者は保護具もつけず、危険なガスなどを吸入し健康を蝕まれている。また野焼き、廃液の垂れ流し、不要物の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

リターナブルビンは今や幻想

No.42 リターナブルビンは今や幻想  飲料容器のリターナブルかを求める声は、今も少なくない。LCA的に見ると、日本ではリターナブル容器が必ずしも缶より環境いいわけではないが、ドイツは政策的にリターナブル容器にこだわり、ワンウェイ容器を抑制している。日本では、リターナブル容器を復活させるにも、その基盤はことごとく失われてしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100%を超えるリサイクル率なんてあり? 高リサイクル率は幸せか?

No.41   05年度のアルミ缶のリサイクル率が約92%になった。スクラップ価格の暴騰に加えて、やり出したら徹底的にという国民性を現わしてもいる。こんな高いリサイクル率、何か調査方法に誤りがあるのではないか、このままではリサイクル率が100%を超えることもあるのではないか、という質問を受けた。リサイクル率100%超は理屈上起こり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1回だけのリサイクル

要旨: リサイクルには主に3つの方法があるが、マテリアルリサイクルでは、商品によると、1回だけのリサイクルしかできないものもある。数回リサイクルはするものの、歩留まりが悪くて、リサイクルにかかるコストなどを考えると、そういうリサイクル方法あるいは商品自体に疑問があるケースがある。サーマルリサイクルの中には、名だけのものもある。た…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

いかがわしい“もったいない”運動

  〔要旨〕廃棄物の3Rに関係して“もったいない”キャンペーンが始まろうとしている。しかし、“もったいない”と”奉仕活動“と並べたときに、そのキャンペーンは容易にほかの目的にすりかえられかねない。消費者に一方的に呼びかけられるこのキャンペーンはいかがわしい。とりわけ教育との関係では,怖いものがある。」 ***  容器包装リ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

容器包装リサイクル法制度見直し最終案を読む

 容器包装リサイクル法の見直し案がまとまったというので、A4で24ページもの文章を読んだ。さっと読んでもさっぱり分からないので、3回も読み返して腹が立った。いろんな理由がある。 第1に具体的なことがほとんど浮かんでこない。審議に加わった人々の間には、暗黙の合意のようなものがあって、この文章の行間が読めるのだろうが、この文章だけ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

学校牛乳の供給、なぜパック?

 学校給食の牛乳はほとんどが紙パックで生徒に配られている。全国の支障中学校の児童生徒と職員の合計1200万人。4gのパックなら1日50トンが使用されていることになる。年間1万トン。このリサイクルはどうなっているか?  業界のホームページでは、H14年度の推定を載せている。学校から古紙業者に渡されたものが1500トン、牛乳メーカーが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

学校牛乳パックのリサイクル

 勤めている中学校で牛乳パックのリサイクルが始まった。飲み終わった容器をバケツでさっと洗って、開いて、さらにすすぎ水に通して、一日乾かして、数日分まとめて、次は学校全体のものをまとめて・・・・という手順である。一応滑り出し順調である。N君のように、そんなことをするくらいなら飲まない、と牛乳の受け取り拒否をしている生徒もいるが、それはごく…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more