環境カウンセラーNK生の環境オピニオン帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 騒々しかった3月 その陰で進められる危機

<<   作成日時 : 2016/03/31 13:07   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

No.676 騒々しかった3月 その陰で進められる危機

 元プロ野球選手で現在タレントの清原和博が覚醒剤所有と使用で逮捕されたのは2月初。3月17日に保釈になったのだが、保釈時以降のマスコミの取材の様子たるや、全く異様。保釈時は実況中継をしたテレビが何社もあった。上空では取材ヘリが舞っていた。彼はそのまま、千葉の病院に入院したが、病院の前ではマスコミ人が徹夜で張り込みを続けていた。一体どんな凶悪犯なのだろうという感じだった。注目の人ではある。それでも保釈を実況中継をし、病院に何人もの記者がはりつかなければならないような事件だったのか?

 ついでながら清原の件で腑に落ちないことがもう2件ある。
 彼の薬物使用は巨人軍にいたときからだと言われている。噂は幾度も報道されていたように思う。逮捕までどうしてこんなに長い時間がかかったのだろう? 覚醒剤依存症は身体をぼろぼろにして廃人にしてしまう。覚醒剤依存との関係は分らないかが、伝えられるところでは、彼は重症の糖尿病を患っているという。覚醒剤使用者はなるべく早く逮捕の上、覚醒剤から処断する措置を執るのが本人のためでもある。こういう件こそ、警察は有罪に持ち込める、持ち込めないにかかわらず、動くべきものではないのか。
清原は全身に入れ墨をしていたという。日本の公衆浴場は入れ墨にはことのほか厳格である。それに引き替えて、マスメディアはどうなのだろう。稼げるからと、そういう情報を隠してTVなどに出演させていたのではないのか。

 2年前に行方不明になった埼玉の中学生が保護された。彼女を誘拐して自宅に閉じ込めていたのは、この春大学を出たばかりの男だった。この事件にはあれこれ分らないことが多い。それだけに、謎解きの面白さも手伝って、報道は連日警察発表を事細かく伝えている。容疑者が自殺未遂で入院していることもあって、もっぱら女生徒の話として伝わってくる。話からは少女が重いPTSDを引きずっている様子がなさそう。警察情報元に、いろんな人が推察なや“解説”をしている状況だが、余り気持ちよくない。先入観と勝手なストーリーを作ることはよくない。少女の今後のこともあり、事細かに詮索・報道するのはいかがなものか。

 五体不満足の著者にして、有名人の乙武洋匡氏のスキャンダルには驚いたが、彼の生き方にがっかりした。彼を参院選の目玉候補にしようと、三つの政党が働きかけていたが、伝えられるところでは、彼はどの政党にもOKを出し、三股だったという。最終的に選んだのは自民党からの立候補。なぜ、自民党なのか、彼の弁を聞く前にこのスキャンダルが表面化して出馬の話が潰れた。自民党は、障害者だとか福祉について手厚い党ではない。その政党を障害者の期待を集めるだろう彼が選んだことに違和感があった。女性といい、政党選択といい、彼には節度や信義があったのかどうか。政治家として何をしたいとう主張や信念があったのかどうか。ただ担がれていい気分になっていただけの人だったのではないか、そんな気がした。

 アメリカではトランプ、サンダーズ旋風が止まない。2人とも泡沫候補と言われてきた。貧困に苦しむ人々のうねりでもある。

 EUの中枢、ブリュッセルで、死傷者350人を出す大規模テロがあった。ISが犯行声明を出した。東洋の島国に住んでいると、なぜブリュッセルが狙われるのか分りにくい。

 朝鮮半島のきな臭さは非常に大きなものになりつつある。

 こういう大騒動の中で、3月末、安保関連法が施行された。それに合わせて国会前では連日3万人からの人々が抗議デモをしていたが、報道はほとんど無視状態だった。この法の施行で、自衛隊は海外で実戦参加ができるという。(憲法は禁じていると思うが) 海外で自衛隊が実戦に参加すると、国内でテロの脅威も高まろう。

 また、防衛省は有事に備えて民間船2隻の借り上げ契約を、特殊目的会社との間で行った。その船を運航する民間人は、準自衛官として処遇されるとのこと。戦前の民間船徴用の復活とも言われている。徴兵制の距離が縮まった。

 この安保関連の動き、国際情勢と、清原事件、乙武スキャンダルの重さはどうだろうか?  

環境関係では、政府は2050年、温暖化ガス(=主にCO2)の排出を現在よりも80%削減の目標を決めたとされるが、中味がよく分からない。その一環として水素自動車(=燃料電池自動車=FCV)を2030年までに80万台普及させるとのこと。だが、この自動車、燃料供給システムまでを含んだ全システムが経済的なメリットがないとの試算がある。

 2016年度の予算が成立した。過去最大規模とされる。

 耳目を集める大騒ぎの中で、あれこれ大事なニュースがかすみ、我々は少し?お目出たすぎるのではないかとも思わされた月だった。。  (2016-3-31)




いま国と人を救う「大和真道」?魂の覚醒こそ現代の危機を突破する鍵!
たま出版
安食 大恵

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いま国と人を救う「大和真道」?魂の覚醒こそ現代の危機を突破する鍵! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
おまえのオツムのバカさ具合のがよっぽど深刻だなwww

2016/04/01 00:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
騒々しかった3月 その陰で進められる危機 環境カウンセラーNK生の環境オピニオン帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる