環境カウンセラーNK生の環境オピニオン帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球温暖化 日本は鈍すぎないか 1 日本の存在感がなかったCOP21

<<   作成日時 : 2015/12/22 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

地球温暖化 日本は鈍すぎないか 1

*日本の存在感がなかったCOP21

 暑かった夏、激しい洪水、大型台風の相次ぐ発生、暖冬……これらの事象は、どこかで、地球温暖化と結びついているらしい、と言われて、温暖化懐疑論も急速に萎んできた感がある。それでも、温暖化対策を、と言う声を聞くと、温暖化は人為的なことで起きているのではない、と声高に主張する人々が絶えない。また、温暖化にもメリットがあると言う人もいる。

 今年11月30日から12月11日までパリで温暖化問題を討議する国際会議(正確には国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議=COP21)が開かれた。日本からも安倍首相が顔を出し、丸川環境大臣も会議に詰めた。だが、この会議での日本の影は極めて薄く、存在感がなかったと言われている。

 温暖化問題への日本の取り組みは、IPCC第4次報告書が発行され、温暖化の脅威が世界に共有されることになった2007年をはさんで、2000年から東北大震災前の2010年頃に盛り上がったが、震災後は、復興優先と言うこともあって潮が引くように関心が下がっている。

 もともと日本の温暖化問題への取り組みは、財界が極めて消極的だった。その財界をスポンサーとする自民党内閣は2枚舌的な姿勢をとり続けた。京都議定書にはサインしたものの、そこで求められたCO2の削減量については、森林吸収を持ち出し、実質的に削減に努力することはなかった。ポスト京都議定書が国際会議のテーマになると、一貫して否定的な態度をとってきた。例外は鳩山総理で、彼はCO2ガス削減に積極的な欧州にaする大きな削減案を出したが、内閣が崩壊し、その案はうやむやになった。
 安倍政権になって、CO2削減量を原発再稼働と絡めたために、2030年の電源構成で原発への依存度をどうするかで、3年間近く何も決めずに来た。今年6月に電源構成比を決め、それに基づき日本の削減案を決めた。原発はCO2ガスを出さないクリーンなエネルギーとの見方だ。まとまった数字は「2030年に2013年比26%(2005年比25.4%)」と言うものだった。だが、これは数字的トリックで、EUが従来から主張している1990年比に換算すると、14%削減にしかならない。(ちなみに同じ方式での計算ではEUは40%、アメリカは27%削減になる)(注) パリ会議での議論の中心は、地球温暖化を産業革命時から2℃に押さえるための国際協調のあり方だった。そのためには2050年のCO2の全世界の削減量を80%にしなければならないと試算されている。 

 これでは日本の存在感が薄れるのも当然だろう。この会議で安倍総理は途上国支援として2020年までに官民合わせて年間1兆円から1兆3000億円に増額することを表明したにもかかわらずだ。

*日本の感性を鈍らせるもの

 この温暖化問題に対して、我々日本人は少し感受性が低いように見える。

 経済界は日本の省エネ(技術)は世界一。産業界としては現在の経済活動の中ではこれ以上CO2を削減できる余地はほぼない。どうしてもやろうとすれば、競争力がそがれる、という考え方だ。それは、別途論議するとして、気候変動そのものへの日本の見方を甘くする原因として、日本という国の近年の異常な気温上昇があり、それを地球温暖化につなげていることがあるのではないか.

 日本の大都市の年間平均気温上昇はこの100年間で2.4℃、東京は3℃だ。こんなに上がっているのに、大した被害も出ていないではないか、地球温暖化で2℃が何だ、4℃だって大したことはないだろう、という楽観視である。

 いわゆる地球温暖化は地球全体の平均気温の上昇であるが、日本の気温上昇はローカルなことである。普遍化できないのだ。グローバルな問題とローカルな問題を混同することは非常に危険である。なぜか、メディアもここを看過している。

 地球温暖化では気象災害がもっぱら言われるが、温暖化は人類の生存を確実に脅かすものである。 (続)

注. 倉持壮 「2013年比26%削減」は本当に「国際的に遜色ない水準」か?
IGES Climate Updates 2015年6月22日
http://www.iges.or.jp/jp/climate/climate_update/201506_kuramochi.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地球温暖化 日本は鈍すぎないか 1 日本の存在感がなかったCOP21 環境カウンセラーNK生の環境オピニオン帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる